予備校はこんなにもたくさんの種類が!

予備校と学習塾を同じようなものと考えている方も多いのですが、似たような学習をするところとそうでないところがあります。

予備校は試験などに対応できるよう、前もって知識を得る、情報を得るという事が目的の商業的な教育施設です。

進学塾の中にも、こうした予備校的な学習を行っているところもありますが、補修目的の塾も多いので、予備校のような受験や試験の前に通うという意味を持たないところもあります。

予備校は専修学校や各種学校、また無認可校のいずれかに当てはまるもので、学校法人や財団法人が経営する、また会社組織、個人経営など様々な経営をしています。

高校生が大学受験のために、予備校に通うというお話をよく聞く事がありますね。

私立難関とか公立難関を目指し、その受験に必要な学習を徹底的に行ってくれるため、学校といっても通常の学校とは全く違う意味を持っています。

個人的に学習したい子には家庭教師がお勧めです。

苦手科目を集中的にカバーしてほしい、などきめ細かいフォローができます。

大学受験のための重要なサポートとなるものですから資料をよくみて、よく調べて決めてくださいね。

家庭教師の資料はこちら→家庭教師のエントリ